今週の野球

◆一生に一度のタイトルは誰の手に!?

プロ野球選手にとって、最初の目標として掲げられることが多いのが新人王こと「最優秀新人賞」のタイトル。文字通りその年の新人選手で最も活躍した者に与えられる賞で、過去の受賞者には上原浩治(99年)や田中将大(07年)の日本人メジャーリーガーを始め、近年でも則本昂大(13年)や山崎康晃(15年)などのスター選手が獲得しています。

生涯に一度しか獲得できないタイトルだけにファンの注目度も高い新人王。今年の候補者たちにはどんな選手がいるか、チェックしてみましょう。

◆2桁本塁打を打てれば、清宮幸太郎の新人王は当確!?

まずはパ・リーグの選手たちから見ていきましょう。

▼パ・リーグの主な新人選手たち

● 高橋 礼(ソフトバンク/投手/専修大学/2位)
● 齊藤大将(西武/投手/明治大学/1位)
● 伊藤 翔(西武/投手/徳島インディゴソックス/3位)
● 岩見雅紀(楽天/外野手/慶応大学/2位)
● 田嶋大樹(オリックス/投手/JR東日本/1位)
● K-鈴木(オリックス/投手/日立製鉄所/2位)
● 福田周平(オリックス/内野手/NTT東日本/3位)
● 清宮幸太郎(日本ハム/内野手/早稲田実業高校/1位)
● 安田尚憲(ロッテ/内野手/履正社高校/1位)
● 藤岡裕大(ロッテ/内野手/トヨタ自動車/2位)

※( )内は、所属チーム/守備位置/出身/ドラフト順位

昨年は源田壮亮が19年ぶりとなる野手の新人王に輝きましたが、今季は投手の方に即戦力な選手が集まったというのがもっぱらの評判。中でも注目されているのはオリックスの田嶋大樹です。

プロ入り前から完成度の高い即戦力投手として注目を集めていましたが、春季キャンプの第1クールではすべてでブルペン入りして投げ込み、順調に調整しています。希少な左腕投手という点も価値があり、開幕から先発ローテーションに入れれば2桁勝利も可能で、新人王の有力候補と言えるでしょう。また、同じ左腕投手である齊藤大将(西武)も春季キャンプでは一軍に帯同し、シート打撃等で精力的に投球するなど首脳陣の評価を高めています。

そして今年のプロ野球界で最も注目を集めているスーパールーキー、清宮幸太郎も忘れてはなりません。高校通算111本塁打という史上最多記録を打ち立てたスラッガーは1月に右手親指を痛めた影響でキャンプでは打撃練習を控えていましたが、キャンプも佳境に迫った21日にようやく屋外フリー打撃を行うと57スイングで14本のサク越えをマーク。しかもそのうち5本は場外弾という驚きの物でした。

オープン戦での結果次第と言えますが、開幕一軍でレギュラーに固定され、10本塁打以上を放つようなら新人王の座は堅いといえます。ちなみにパ・リーグで高卒1年目の野手の新人王は86年の清原和博(西武)以来、32年ぶりの快挙となります。

今週の野球

腰に異変生じた明石、工藤監督「心配ですね」

 ソフトバンクの工藤公康監督が明石健志内野手の軽症を願った。27日、「球春宮崎ベースボールゲームズ」のロッテ戦の試合中、宿舎に戻ろうとしていた明石が腰痛と痺れを訴えた。足が上がらなくなり、宿舎に戻るバスに乗り込めなくなったため、救急車が呼ばれ、宮崎市内の病院に搬送された。

24日に腰痛を訴え、紅白戦を欠場していた明石。その時の症状は軽く、全体練習にも復帰し、この日も午前中のフリー打撃は行なっていた。当初はロッテ戦にも出場予定だったが、腰に再び異変があったため、出場を取りやめていた。

この日の試合後、工藤監督は「心配ですね。本人には朝、『大丈夫か?』と確認して『大丈夫です』と言っていたんだけど……。あとで報告があると思いますけど、軽症であることを願っています。正確なことが分からないので、あまり話すのはよくないから」と表情を曇らせていた。

ソフトバンクは27日、明石健志内野手が宮崎市内の病院でレントゲン、MRI検査を受け、急性腰痛と診断されたと発表した。

明石は24日に腰痛を訴えて、その日の紅白戦を欠場。27日は当初、ロッテ戦の出場を予定していたが、再び腰の異変を訴えて回避した。同戦中に宿舎に戻ろうとした際に、痛みと痺れを訴えたため、救急車で病院に搬送されていた。

27日は入院となり、28日以降は患部の状態を見て判断するとしている。

今週の野球

今週の野球は松坂大輔について

中日・松坂大輔投手(37)が沖縄・北谷キャンプ第2クール初日の7日、3度目のブルペン入りをし、今キャンプ最多となる66球を投げた。

前回5日のブルペンでは最後の7球だけ捕手が座ったが、この日は最初から横浜高の先輩である中野ブルペン捕手を座らせた。直球にカーブを交えながら66球を投げたが、中野ブルペン捕手のカウントは67球だったことを松坂は主張。報道陣のカウントよりも1球多いことに「僕の先輩なんで先輩の顔を立ててください」とニヤリ。

球数や投球内容の感触については「特に何球投げるとは決めてなかったけど、前回よりは良かったです」と手応えを口にしたが、ジレンマも抱えている。「いつもの僕だったら今日なら100球を超えていると思う。投げている自分の感覚で、いい時はどんどん投げたいと思うタイプなので。僕の中では全然いくらでも投げようと思えば投げられるという感覚だった」と自らブレーキをかけていることを明かした。

もちろん、絶対に故障だけはしないための判断で「無理はしないということですね」ときっぱり。「(前回は7割の力でこの日も)同じぐらい。投げながら、まだ全力で腕を振る時じゃないなという感じですね」。平成の怪物が、じっと我慢のスロー調整を続けながら順調にステップを上がっている。

今週の野球

今週の野球は青木宣親について

ノリ・アオキがメジャーリーグに残したもの。

メジャー歴5年と148日(172日で1年と換算する)で2716打数774安打、打率.285、出塁率.350、長打率.387。33本塁打、219打点、377得点、98盗塁。

青木宣親が我々に残したもの。

ポスティング制度を経ての「メジャー挑戦」。実際はブルワーズでの屈辱のテスト入団。控え選手から定位置の獲得。ロイヤルズへのトレードとア・リーグ優勝。ジャイアンツでの死球禍。マリナーズでのマイナー降格からのメジャー復帰。アストロズでの日米通算2000安打達成とブルージェイズへのトレード。自由契約からのメッツ移籍。そして、7年ぶりの日本球界=ヤクルト復帰。

ある意味、用意周到な「メジャー挑戦」だった。挑戦する数年前からメジャーの投手たちのビデオを見まくったとか、英語を勉強したとかいうことではない。

早くから和食のない食事環境を考えたり、日本文化なき町での生活を考えたりして、「メジャー挑戦」を具体的に想像し、「アメリカで生きる」ことを意識した。

1年目は「自分のスイングができなかった」。

1年目、控えから定位置を獲得する過程で打率.288、10本塁打、50打点という数字を残した。いずれもメジャー6年間で最高だが、これにはちょっとした錯覚もある。

同年の520打数150安打は「当て逃げしたのも含めての数字」。

本人がきっぱりとそう言うには理由があった。日本の投手たちよりも平均的な球速があり、手元で微妙に動いてくるメジャーリーガーの投げる球に「自分のスイングができなかった」。必死に食らいつく粘りの打撃が持ち味であるイメージだが、1年目の55三振はメジャー6年間で最多である。

メジャーリーガーはとにかく、「自分のスイング」にこだわる。

中途半端に打たされるぐらいなら、「自分のスイング」をして詰まった方がいい。最初は首を傾げたが、詰まった当たりが内野の頭を越え、内野手の間を抜けていくのを目の当たりにすると考え方も変わる。

1年目の内野安打は37安打。ロイヤルズにトレードされてジャスティン・バーランダーやマックス・シャーザーとの対戦が増えた3年目は、29安打に減った。

今週の野球

今週の野球は清宮について

清宮幸太郎(18歳・早稲田実業)本人にとっても、日本球界にとっても、最良の結果だろう。

現阪神・福留孝介(当時PL学園)以来、実に22年ぶりとなる7球団の競合の末、「当たりクジ」を引き当て、清宮との交渉権を獲得したのは、日本ハムの木田優夫GM補佐だった。

「本当に日本の宝となる選手だと思う。どうしても欲しい選手だったので良かった。ぜひファイターズに来て、思い切り野球をやってください」

興奮さめやらず、どよめく会場や落胆を隠せない他球団の監督、フロント陣をよそに、淡々と語る木田GM補佐の姿からは、清宮育成への自信が滲み出していた。

「誰が見ても、清宮くんにとって日本ハムは最高のチームでしょう。大谷翔平を育てた経験値で、『スーパースター』の扱い方は心得ているし、フロントにも栗山英樹監督にも、腰を据えて若手を育てる『胆力』がある。

彼が常々公言しているメジャー挑戦にも理解がありますから、ベスト・オブ・ベストです」

野球評論家の金村義明氏がこう言うように、日ハムは大谷のほかにも、主砲の中田翔、4年目で盗塁王を獲得した西川遥輝、今シーズンの前半で「4割バッター」として一躍大ブレイクを果たした近藤健介など、高卒野手を短期間で次々と育て上げており、清宮が日本最強のスラッガーに成長するには最高の環境になる。

Photo by GettyImages

「プロの世界は、またまったく別の世界だと思っている。しっかり自分のやるべきことをやって、自分を信じてプロの世界でもやっていければと思っています」

プロ志望届提出期限のギリギリまで大学進学とのあいだで悩んでいた清宮だが、ドラフト会議直後の会見では、すでにプロに進む意志が強固であることを感じさせた。

アマチュア野球をつぶさに見て回っているスポーツライター・安倍昌彦氏は「清宮はプロという選択をして正解だった」と言い切る。

「残念ながら、いまは早稲田大学だけでなく、大学球界全体を見渡しても清宮に肩を並べるようなバッターや、彼を完全に沈黙させられるようなエースは見当たらない。

ライバルのいない環境でトッププレイヤーになっても、彼の成長を考えたらいいことはなにひとつない。彼に必要なのは、プロですごいヤツらを目の当たりにして、びっくりして、打ちのめされるような試練ですから」

今週の野球

今週の野球は南帷子との練習試合がありますd=(^o^)=b( ´∀` )bd=(^o^)=b( ´∀` )b

第一試合は9時に試合開始です。第二試合は12時から試合開始です。

集合場所は学校で集合時間は7時にお願いいたします。(*- -)(*_ _)ペコリ(*- -)(*_ _)ペコリ(*- -)(*_ _)ペコリ(*- -)(*_ _)ペコリ

遅刻したら置いてきます・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・って言うのは冗談ですが(笑)なるべく遅れないようによろしくお願いいたします(´▽`;)ゞ(´▽`;)ゞ(´▽`;)ゞ(´▽`;)ゞ(´▽`;)ゞ

集合しましたら、とりあえず乗り合わせで南帷子に移動します。なので、監督の車、コーチたちの車で移動します。保護者の方も乗り合わせで移動してもらえたら助かります( ̄▽ ̄;)( ̄▽ ̄;)なんせ駐車場があまり無いので( ´Д`)=3( ´Д`)=3( ´Д`)=3お茶当番とスコアラーの方お願いいたします(´▽`;)ゞ

それでは健康管理に気を付けながら試合当日にやすまないように過ごしましょう(*´▽`*)ゞ(*´▽`*)ゞ(*´▽`*)ゞよろしくお願いいたします。

今週の野球

今週の野球は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・雨のため中止です。・゜・(ノД`)・゜・。。・゜・(ノД`)・゜・。。・゜・(ノД`)・゜・。

なので、お家の中で、筋トレするのもよしd=(^o^)=bd=(^o^)=bd=(^o^)=bd=(^o^)=bバッティングセンターに行き打ちまくりもよしd=(^o^)=bd=(^o^)=bd=(^o^)=bd=(^o^)=b

ただし、怪我をしてしまったらあかんよ。・゜・(ノД`)・゜・。。・゜・(ノД`)・゜・。。・゜・(ノД`)・゜・。。・゜・(ノД`)・゜・。

やる前にはストレッチをしてからやりましょう( ´∀` )b( ´∀` )b( ´∀` )b( ´∀` )b

自主練習をしっかりやらない子は・・・・・・・・・・・・・・・・・野球は上手くなりませんし、試合に出てもいい結果が出ずに途中交代って可能性もあるので自主練習をしっかりやりましょう(*- -)(*_ _)ペコリ

みんなが野球を上手く出来るよう監督も頑張ります(*´▽`*)ゞ(*´▽`*)ゞ

保護者の方も見守りをお願いいたします。(*- -)(*_ _)ペコリ

今週の野球

今週の野球は

午前練習だー!!!!!!!!!!!!!!! 8時に集合12時に終わりだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

日曜日には紅白戦を行うぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

毎日朝は冷え込むから上着を着てこいよ‼!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

飲み物は必ず持ってこいよ‼スポーツ飲料水でもいいし、お茶でもいいし。ただ、ホットは気を付けろ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

紅白戦は子供たちだけでは人数いないから大人も参加だ!!!!!!!!!!!!!!!!

割り振りはこちらで考えよう‼!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

楽しみで楽しみで仕方ないね!!!!!!!!!!!!!!!!!!!監督として試合に参加だが、メンバーとして試合に参加したかった。・゜・(ノД`)・゜・。でも、出ちゃうんだけどね(笑)

それまでに体調管理をしっかりとして当日にやすまないようにしましょう。

よろしくお願いいたします。

今週の野球

今週の野球は星野仙一について

楽天によると、星野さんは2016年7月に膵臓(すいぞう)がんが判明。その後も仕事を続け、昨年、野球殿堂入りを果たした。昨年11、12月に東京と大阪であった、殿堂入りを祝うパーティーには姿を見せていたが、年末になって病状が悪化したという。

星野さんは岡山県出身。倉敷商高を卒業後、明大へ。1969年、中日にドラフト1位で入団した。投手として82年までの14年間で、通算146勝121敗34セーブ、防御率3・60の成績を残した。73年からは5年連続で2けた勝利を挙げるなど活躍し、74年には沢村賞を受賞した。

87年から91年、96年から2001年までの2回、中日の監督を務め、1度ずつリーグ優勝を果たした。02年からは阪神の監督を2季務め、03年にチームを18年ぶりのリーグ優勝に導いた。08年の北京五輪では、アジア地区予選から日本代表監督を務めたが、メダルを獲得できず、翌年の第2回ワールド・ベースボール・クラシックWBC)の監督は、次期候補と有力視されながら辞退した。

11年から楽天を率いた。13年には創設9年目の球団を初の日本一に導き、自身としても監督通算16年目で初の頂点に。三原脩、西本幸雄と並び、3球団でリーグ優勝を成し遂げた監督となった。計17年で通算1181勝。戦後生まれでは初の1000勝監督になった。15年からは楽天球団の副会長を務め、新人選手の獲得などに尽力した。

今週の野球

今週の野球は大谷翔平について

野球好きの友人から送られたテキストメッセージで、2017年12月8日は目が覚めた。

夜明けまで仕事をしていたが、英語で書かれたメッセージの内容を見て眠気が吹き飛んだ。

「You got your wish. Ohtani to the Angels.(君の願いが叶ったね。オオタニがエンゼルスへ)」

ベッドから飛び出してニュースサイトやツイッターを見ると、確かに地元の何人かの野球記者たちが速報を流していた。

私はすぐに上司であるオレンジ・カウンティ・レジスター編集長にテキストを送り、エンゼルス番記者のサポートなど、できることは何でもすると伝えた。

メジャーの新天地で迎える2018年シーズンぬ向け、自主トレーニングに励む大谷翔平=2018年1月5日、千葉県鎌ケ谷市【時事通信社】

レジスターは、エンゼルスが本拠地を構えるカリフォルニア州オレンジ郡の地元新聞社。オフィスはエンゼルスの本拠地エンゼル・スタジアムの向かいにあり、私の席からは球場が見える。同僚は、ほぼ全員がアメリカ人。私はそこで働く唯一の日本人で、報道記者として政治や文化、調査報道などの記事を英語で書いている。

編集長には、大谷選手が候補を7球団に絞った時から、もしエンゼルスに来ることになったら取材を手伝いたいと声をかけておいたが、彼を含めてオフィスの野球好きたちは、「まさかないだろう」という反応だった。

というのも、野球記者たちの間では、当初はヤンキースやレッドソックスなど東海岸の名門、希望球団が絞られてからは、日本や日本ハム球団とつながりが深いマリナーズやパドレスが本命と見られていたからだ。

移籍発表の数日前には、レジスターのコラムニストが、「オオタニがエンゼルスを選ぶなんてちょっと出来過ぎだよね?」という見出しの記事を書いた。

それだけに、私にとって大谷選手の決断は驚きだった。

急きょレジスターでは、翌日の一面とスポーツ面で大谷選手の特集を組むことになり、私も現地に住む日本人の喜びの声を記事にした。

オレンジ郡での大谷フィーバーの幕開けであった。