今週の野球

マリナーズに復帰したイチロー、ディポトGMが語る舞台裏

マリナーズへの電撃復帰が決まり、初練習に合流したイチロー外野手。2012年のシーズン途中にヤンキースに移籍して以来、6シーズンぶりとなる帰還決定にキャンプ地は熱気に包まれている。その中、7日(日本時間8日)の入団会見にも同席したジェリー・ディポトGMがイチロー復帰交渉の裏話を披露。一度交渉が立ち消えになっていたことを明かしている。

同GMが交渉の舞台裏を告白したのは、マリナーズの球団公式ポッドキャスト「 ザ・ウィールハウス・ウィズ・ジェリー」でのことだった。

「(代理人の)ジョン・ボッグスとは色々な会話をしてきた。ジョンは2017年シーズン終了とほぼ同時に連絡してきた。イチローがチームにフィットする可能性について、だ。その時、外野手ではミッチ・ハニガーとギジェルモ・エレディア、ベン・ギャメルが(オフシーズンからそのまま)戻ってくる予定だった。

ポストは空いていたが、いかにして埋めるか完全にわかっていなかった。我々は外野の組み合わせをどうするのか、模索していたんだ。一塁、そしてユーティリティプレーヤーのスポットが空いていたし、有意義な投手の補強を行いたかった。我々はジョンと話を続けていたんだ」

ディポトGMはそう話し、ストーブリーグの開始直後からボッグス代理人と交渉を続けていたことを明かした。

イチローは今オフ、マーリンズを退団し、メジャーでの現役続行を模索。代理人は数球団と接触していることを明かしていたが、停滞するFA市場の影響もあり、思うように話は進展しなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です