今週の野球

2008年と2018年の主な巨人投手陣を比較

上原浩治の巨人復帰が決まった。背番号は「11」。2008年以来10年ぶりの巨人復帰となる。これは、MLBから復帰したNPB選手としては、大家友和の12年(1998年に横浜からレッドソックスへ移籍、2010年にインディアンスから横浜に復帰)に次ぐ長いブランクだ。

それでは、巨人の投手陣の顔ぶれは2008年と2018年では、どう変化しているのだろうか。

【2008年の巨人投手陣】

〇先発

グライシンガー(33歳)、内海哲也(26歳)、高橋尚成(33歳)、上原浩治(33歳)、バーンサイド(31歳)、木佐貫洋(28歳)

〇救援

山口鉄也(25歳)、越智大佑(25歳)、クルーン(35歳)、東野峻(22歳)、西村健太朗(23歳)

【2018年に想定される巨人主力投手陣】※年齢は3月30日現在

〇先発

菅野智之(28歳)、野上亮磨(30歳)、田口麗斗(22歳)、畠世周(23歳)、大竹寛(34歳)、ヤングマン(28歳)

〇救援

マシソン(34歳)、カミネロ(30歳)、澤村拓一(29歳)、西村健太朗(32歳)、森福允彦(31歳)

10年前から活躍しているのは西村健太朗だけ。内海哲也と山口鉄也は10年前から在籍しているが、昨年はともに一線級の活躍はできなかった。

監督は原辰徳から、上原浩治と同じ1975年4月3日生まれの高橋由伸に。上原は歳月の経過を実感しながら、再び巨人投手陣の一員となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です