今週の野球

日ハム松本が3打点&9安打6得点、投手陣は6投手で無失点リレー

野球日本代表「侍ジャパン」は4日、京セラドーム大阪で行われたオーストラリアとの「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」第2戦で6-0と完封勝ちし、2連勝で終えた。

初回、先頭の秋山(西武)が左前打で出塁すると、松本(日本ハム)の投犠打を先発アサートンが一塁へ悪送球。無死一、二塁から柳田(ソフトバンク)の一ゴロと筒香(DeNA)の四球(敬遠)で1死満塁すると、浅村(西武)は空振り三振に倒れたが、上林(ソフトバンク)が放った投手へのボテボテの当たりがタイムリー内野安打となり1点を奪った。

日本は攻撃の手を緩めない。2回。先頭の田村(ロッテ)が遊ゴロ失策で出塁し、続く今宮(ソフトバンク)が右前打を放ち無死一、二塁。ここで秋山が右前適時打を放ち1点を追加。さらに松本の右犠飛が一度はアウトの判定となったが、稲葉監督がすかさず「リクエスト」を申請。判定が覆り3点目を奪った。

着実に日本は追加点を奪う。4回1死一、二塁から松本がこの日、2打点目となる中前適時打を放ち4点目。さらに6回は1死から今宮が右翼線二塁打で出塁。続く秋山が左中間を破るタイムリー三塁打を放つと、続く松本がこの日、3打点目となる右前適時打を放ち6点目を奪った。

先発の則本は初回を3者凡退でスタートすると、続く2回は先頭のモアナロアに右中間二塁打を浴びたが、そこからギアチェンジ。デサンミゲル、ウェード、シェパードを圧巻の3者連続三振で無失点。3回からは2番手・田口(巨人)が2イニングを無失点。5回は堀(日本ハム)が2イニング無失点、7回は高梨(楽天)、8回は石崎(阪神)、9回は松井(楽天)が無失点で切り抜けた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です