今週の野球

年齢制限のないメンバー構成で2-0の完封勝利、投手陣は6人で無失点リレー

野球日本代表「侍ジャパン」は3日、ナゴヤドームで行われた「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018 日本 vs オーストラリア」の第1戦に2-0で勝利した。先発の千賀(ソフトバンク)が2回無安打無失点、6奪三振の好投を見せるなど今永(DeNA)、東浜(ソフトバンク)、田島(中日)、岩嵜(ソフトバンク)、山崎康(DeNA)が豪州打線を無失点で封じた。

両チーム5回まで無得点が続く投手戦の中、待望の先制点が生まれたのは6回。オーストラリアは2番手のケントをマウンドに送る。先頭の秋山(西武)が四球を選び出塁すると、続く菊池(広島)がきっちりと一塁へ送りバントを決め1死二塁の好機を作る。ここで柳田(ソフトバンク)が先制の中前タイムリーを放つと、続く筒香(DeNA)も右越えへ適時二塁打を放ち、この回2点を奪った。

8回は先頭の柳田が四球、続く筒香が左翼フェンス直撃の二塁打を放ち無死二、三塁。その後、1死満塁と追加点のチャンスを作るが、大山(阪神)が中飛、小林(巨人)が三振に倒れ無得点。

先発の千賀は150キロの直球を軸に初回を3者連続空振り三振と最高のスタートを切ると、続く2回も3者連続三振。予定されていた2イニングを6者連続三振と完璧な投球を見せた。

3回から2番手として登板した今永は失策と安打で1死一、二塁のピンチを招いたが、ジョージを空振り三振、続くケネリーを遊ゴロに打ち取り無失点に抑えるなど2イニングを無失点。5回からは東浜が2イニングを1安打無失点、7回は田島、8回には岩嵜、9回は守護神・山崎康と無失点リレーで締めくくった。

稲葉監督は就任後、初となる年齢制限のない“フル代表”での初戦を勝利で飾った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です