今週の野球

腰に異変生じた明石、工藤監督「心配ですね」

 ソフトバンクの工藤公康監督が明石健志内野手の軽症を願った。27日、「球春宮崎ベースボールゲームズ」のロッテ戦の試合中、宿舎に戻ろうとしていた明石が腰痛と痺れを訴えた。足が上がらなくなり、宿舎に戻るバスに乗り込めなくなったため、救急車が呼ばれ、宮崎市内の病院に搬送された。

24日に腰痛を訴え、紅白戦を欠場していた明石。その時の症状は軽く、全体練習にも復帰し、この日も午前中のフリー打撃は行なっていた。当初はロッテ戦にも出場予定だったが、腰に再び異変があったため、出場を取りやめていた。

この日の試合後、工藤監督は「心配ですね。本人には朝、『大丈夫か?』と確認して『大丈夫です』と言っていたんだけど……。あとで報告があると思いますけど、軽症であることを願っています。正確なことが分からないので、あまり話すのはよくないから」と表情を曇らせていた。

ソフトバンクは27日、明石健志内野手が宮崎市内の病院でレントゲン、MRI検査を受け、急性腰痛と診断されたと発表した。

明石は24日に腰痛を訴えて、その日の紅白戦を欠場。27日は当初、ロッテ戦の出場を予定していたが、再び腰の異変を訴えて回避した。同戦中に宿舎に戻ろうとした際に、痛みと痺れを訴えたため、救急車で病院に搬送されていた。

27日は入院となり、28日以降は患部の状態を見て判断するとしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です