今週の野球

今週の野球は清宮について

清宮幸太郎(18歳・早稲田実業)本人にとっても、日本球界にとっても、最良の結果だろう。

現阪神・福留孝介(当時PL学園)以来、実に22年ぶりとなる7球団の競合の末、「当たりクジ」を引き当て、清宮との交渉権を獲得したのは、日本ハムの木田優夫GM補佐だった。

「本当に日本の宝となる選手だと思う。どうしても欲しい選手だったので良かった。ぜひファイターズに来て、思い切り野球をやってください」

興奮さめやらず、どよめく会場や落胆を隠せない他球団の監督、フロント陣をよそに、淡々と語る木田GM補佐の姿からは、清宮育成への自信が滲み出していた。

「誰が見ても、清宮くんにとって日本ハムは最高のチームでしょう。大谷翔平を育てた経験値で、『スーパースター』の扱い方は心得ているし、フロントにも栗山英樹監督にも、腰を据えて若手を育てる『胆力』がある。

彼が常々公言しているメジャー挑戦にも理解がありますから、ベスト・オブ・ベストです」

野球評論家の金村義明氏がこう言うように、日ハムは大谷のほかにも、主砲の中田翔、4年目で盗塁王を獲得した西川遥輝、今シーズンの前半で「4割バッター」として一躍大ブレイクを果たした近藤健介など、高卒野手を短期間で次々と育て上げており、清宮が日本最強のスラッガーに成長するには最高の環境になる。

Photo by GettyImages

「プロの世界は、またまったく別の世界だと思っている。しっかり自分のやるべきことをやって、自分を信じてプロの世界でもやっていければと思っています」

プロ志望届提出期限のギリギリまで大学進学とのあいだで悩んでいた清宮だが、ドラフト会議直後の会見では、すでにプロに進む意志が強固であることを感じさせた。

アマチュア野球をつぶさに見て回っているスポーツライター・安倍昌彦氏は「清宮はプロという選択をして正解だった」と言い切る。

「残念ながら、いまは早稲田大学だけでなく、大学球界全体を見渡しても清宮に肩を並べるようなバッターや、彼を完全に沈黙させられるようなエースは見当たらない。

ライバルのいない環境でトッププレイヤーになっても、彼の成長を考えたらいいことはなにひとつない。彼に必要なのは、プロですごいヤツらを目の当たりにして、びっくりして、打ちのめされるような試練ですから」

今週の野球

今週の野球は南帷子との練習試合がありますd=(^o^)=b( ´∀` )bd=(^o^)=b( ´∀` )b

第一試合は9時に試合開始です。第二試合は12時から試合開始です。

集合場所は学校で集合時間は7時にお願いいたします。(*- -)(*_ _)ペコリ(*- -)(*_ _)ペコリ(*- -)(*_ _)ペコリ(*- -)(*_ _)ペコリ

遅刻したら置いてきます・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・って言うのは冗談ですが(笑)なるべく遅れないようによろしくお願いいたします(´▽`;)ゞ(´▽`;)ゞ(´▽`;)ゞ(´▽`;)ゞ(´▽`;)ゞ

集合しましたら、とりあえず乗り合わせで南帷子に移動します。なので、監督の車、コーチたちの車で移動します。保護者の方も乗り合わせで移動してもらえたら助かります( ̄▽ ̄;)( ̄▽ ̄;)なんせ駐車場があまり無いので( ´Д`)=3( ´Д`)=3( ´Д`)=3お茶当番とスコアラーの方お願いいたします(´▽`;)ゞ

それでは健康管理に気を付けながら試合当日にやすまないように過ごしましょう(*´▽`*)ゞ(*´▽`*)ゞ(*´▽`*)ゞよろしくお願いいたします。

今週の野球

今週の野球は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・雨のため中止です。・゜・(ノД`)・゜・。。・゜・(ノД`)・゜・。。・゜・(ノД`)・゜・。

なので、お家の中で、筋トレするのもよしd=(^o^)=bd=(^o^)=bd=(^o^)=bd=(^o^)=bバッティングセンターに行き打ちまくりもよしd=(^o^)=bd=(^o^)=bd=(^o^)=bd=(^o^)=b

ただし、怪我をしてしまったらあかんよ。・゜・(ノД`)・゜・。。・゜・(ノД`)・゜・。。・゜・(ノД`)・゜・。。・゜・(ノД`)・゜・。

やる前にはストレッチをしてからやりましょう( ´∀` )b( ´∀` )b( ´∀` )b( ´∀` )b

自主練習をしっかりやらない子は・・・・・・・・・・・・・・・・・野球は上手くなりませんし、試合に出てもいい結果が出ずに途中交代って可能性もあるので自主練習をしっかりやりましょう(*- -)(*_ _)ペコリ

みんなが野球を上手く出来るよう監督も頑張ります(*´▽`*)ゞ(*´▽`*)ゞ

保護者の方も見守りをお願いいたします。(*- -)(*_ _)ペコリ

今週の野球

今週の野球は

午前練習だー!!!!!!!!!!!!!!! 8時に集合12時に終わりだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

日曜日には紅白戦を行うぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

毎日朝は冷え込むから上着を着てこいよ‼!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

飲み物は必ず持ってこいよ‼スポーツ飲料水でもいいし、お茶でもいいし。ただ、ホットは気を付けろ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

紅白戦は子供たちだけでは人数いないから大人も参加だ!!!!!!!!!!!!!!!!

割り振りはこちらで考えよう‼!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

楽しみで楽しみで仕方ないね!!!!!!!!!!!!!!!!!!!監督として試合に参加だが、メンバーとして試合に参加したかった。・゜・(ノД`)・゜・。でも、出ちゃうんだけどね(笑)

それまでに体調管理をしっかりとして当日にやすまないようにしましょう。

よろしくお願いいたします。

今週の野球

今週の野球は星野仙一について

楽天によると、星野さんは2016年7月に膵臓(すいぞう)がんが判明。その後も仕事を続け、昨年、野球殿堂入りを果たした。昨年11、12月に東京と大阪であった、殿堂入りを祝うパーティーには姿を見せていたが、年末になって病状が悪化したという。

星野さんは岡山県出身。倉敷商高を卒業後、明大へ。1969年、中日にドラフト1位で入団した。投手として82年までの14年間で、通算146勝121敗34セーブ、防御率3・60の成績を残した。73年からは5年連続で2けた勝利を挙げるなど活躍し、74年には沢村賞を受賞した。

87年から91年、96年から2001年までの2回、中日の監督を務め、1度ずつリーグ優勝を果たした。02年からは阪神の監督を2季務め、03年にチームを18年ぶりのリーグ優勝に導いた。08年の北京五輪では、アジア地区予選から日本代表監督を務めたが、メダルを獲得できず、翌年の第2回ワールド・ベースボール・クラシックWBC)の監督は、次期候補と有力視されながら辞退した。

11年から楽天を率いた。13年には創設9年目の球団を初の日本一に導き、自身としても監督通算16年目で初の頂点に。三原脩、西本幸雄と並び、3球団でリーグ優勝を成し遂げた監督となった。計17年で通算1181勝。戦後生まれでは初の1000勝監督になった。15年からは楽天球団の副会長を務め、新人選手の獲得などに尽力した。